1
2
3
4
5
6
plan
data
掲載
pdf download
白石市立白石第二小学校
この小学校は東北地方の小都市の旧市街からはずれた新しく住宅地区となったエリアにある。日本の小学校は文部省の決める学校教育法によってプログラムは細かく規定されているが、諸室の関係性を組み替えることで制度から開放された新しい小学校のプログラムをつくろうとした。地域に開放することでコミュニティセンターの機能をもつ諸室と教室群に分類した。教室の空間を仕切る壁は四周とも可動のものとしてあり、隣の教室とは可動パーティションを開けることで共同授業をおこなうことも可能である。この空間は子供達や先生を拘束するものではなく、使い手側が創造力をもって能動的に空間に働きかければさまざまな可能性が引き出せるものとして計画している。


architecture WORKSHOP
(C) 2005 architecture WORKSHOP Ltd. All Rights Reserved.